海外

【キューバ旅行】こんなキューバ人には気をつけよう「ちょろまかしオネエサン」

道を歩いているだけで、ピザを求めて話しかけてきたり、モノを売ろうと話しかけてきたりする場所、首都ハバナ。それだけではない。

ちょっとキョロキョロしながら歩いているだけで、「タクシー!?」と、街のいたるところで声をかけられる。道中、何十回と声をかけられたことか。

最悪なのは、なんとかしてぼったくろうとするところ。

市内の近距離移動だけでも、本当は5CUC (5USD) で移動できるようなところを、25CUC (25USD) でどうだ?だなんて言ってくる。そんな高い金額、東京でもニューヨークでも払わないよ!と心の中でつっこみつつ、無視するしかない。

そして、ぼったくり精神は、レストランでも発揮されるので、注意が必要だ。

ある夜、夕食どきに市内を歩いていると、キューバ風イタリアンのレストランを見つけ、入ることにした。

 

一般的に、キューバの食事はお世辞にも美味しくないのだが、そこのレストランは、まあ、食べられる味。

モヒート (4CUC, 4USD) を飲み、パスタ (5.5CUC, 5.5USD) を平らげ、いざ、お会計。

 

 

 

サービスしてくれていたオネエサンが、お会計を持ってきてくれたのだが、何かおかしい。ちょっと、高くないか?

伝票には、「+10%」と書いてある。

キューバに、チップやサービス料があるとは知らなかったが、まあ、それは良いだろう。しかし、合計金額が+10%以上になっている。スマホの電卓を使って計算しても、やはり合わない。

そこで、オネエサンを呼んだ。

自分「これ、合計金額が間違えているけど、どういうこと?」

オネエサン「おかしいですね、ちょっと待っていてください。」

そして、計算に使った電卓をもってきて見せてきた。

オネエサン「ちゃんと電卓を使って計算しました。」

どれどれ、その電卓を見てみると、なんと、「x 1.2」という計算痕跡が残っている!10%ではなく、20%足していたのかい!

それよりも驚くのは、なんでそんな分りやすいちょろまかしをするのか・・・。

指摘すると、手元が狂いましたと言わんばかりに数字を訂正。結局、こちらの言い値に合わせてきました。

キューバでレストランに入るときは、必ず伝票を確認しましょう。

気づかないうちに、ちょろまかされます。

ちょろまかしオネエサンよ、毎回やっているだろう。。(関連記事)

  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「妊婦オバサン」
  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「売りたがりオジサン」
  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「ちょろまかしオネエサン」
  • キューバ記録:キューバへの行き方。メキシコ・カンクン空港から
  • キューバ記録:キューバでの宿泊先の探し方。民泊・カサに泊まろう
  • キューバ記録:ハバナで町歩き・日中の風景、夜の風景
  • キューバ記録:現地通貨事情・レストラン・バー・スナック
  • キューバ記録:車で見るキューバの外交関係
  • キューバ記録:バラデロビーチでバケーション・オールインクルーシブ
  • キューバ記録:ビニャーレス渓谷で乗馬とピニャコラーダ
  • キューバ記録:キューバの近現代史 かんたんまとめ