海外

【キューバ旅行】車で見るキューバの外交関係

キューバを走る車といえば、クラッシックカー!

1959年のキューバ革命前にアメリカから輸入していた車の数々が、今でも現役で街中を走り抜けています。

では、キューバを走る車はそれだけかというと、そうではありません。

クラッシックなアメ車の他にも、様々な車が走っています。それらを見ると、キューバの外交関係を垣間見ることができ、面白いです。

 

ハバナの革命博物館に行った際、駐車場にずらりと並ぶ車を右から左に、撮ってきました。

まず、GEELY (ジーリー)。これは中国の吉利汽車 (http://global.geely.com/) ですね。

 

次もGEELY。

 

その次もGEELY。

 

もう一つ、GEELY。
後部ガラスに「Rent A Car」というステッカーが貼ってあるので、レンタカー会社がまとめて中国から買い入れたのでしょう。レンタカー会社を検索すると、ありますね。1日80ドルくらいするようで、かなり高いです。(参考:http://www.transturcarrental.com/)

 

こちらも同じレンタカーのステッカーが貼ってありますが、スズキの軽自動車ジムニー。どこかから中古で買い入れたのでしょう。

 

続いて、BYD (http://www.bydauto.com.cn/) 。Build Your Dreamsの頭文字をとった社名で、電気自動車の販売で絶好調の中国メーカーです。ガソリン車も生産しており、キューバにあるのはガソリン車の方。

 

次もBYD。

 

「MOCHBUY」と書いてありますが、どこの車か不明。旧ソビエト圏のどこかでしょうか?古そうです。

 

これも不明。

 

フォルクスワーゲンのジェッタ。

 

スバルのクロストレック。

 

中国のGEELY。

 

ヒュンダイのActos。

 

プジョー。

 

トヨタのプラド。

 

そして、フィアット。

 

ヨーロッパ車や日本車は、どこかの国を経由して、中古のものが入ってくるのでしょう。

しかし、アメリカの車は、一つもありませんね。アメリカの企業は、自分たちの製品がどこに流れ着くのかを、非常に細かく監視しています。「他の人が勝手に持って行った」なんて言い訳も聞かないくらいに、敵対国には自国の技術が流れないように規制をしいているのです。

そして何と言っても、中国車が多いですね。

中国からは、比較的簡単に輸入ができるのでしょう。

長距離移動で使ったバスも、すべて中国製でした。

 

こちらは宇通というメーカーで、ユートンと読みます。(http://www.yutong.com/)

キューバは今、中国と仲が良いのでしょう。過去にはソビエトがキューバに近づいてアメリカの覇権を牽制していました。それが今、中国がキューバに近いところにいます。