海外

アメリカから日本へ本帰国。10年間で学んだこと【夢と希望】

usflag

アメリカから日本へ本帰国。10年間で学んだこと【夢と希望】

10年間のアメリカ生活で学んだこと

先日、10年間にわたったアメリカ生活に終止符を終え、日本にもどってきました。

これからも、世界を旅しながら、異文化体験を楽しんでいきますが、当面の拠点は日本におくことにしました。

若いころから、胸の奥が焦がれるほどにあこがれた、アメリカ。

やっとの思いで、アメリカ行きの切符を手にしたのが、10年前。

そしてこの10年間、アメリカで学んだこととはなんであったのか。そして結局のところ、アメリカとは何なのか。

それは、

夢であり、希望である。

今は、そう、考えています。

輝かしくあり、ダークでもある、アメリカ【表と裏】

40歳代で大統領にも大企業のCEOにもなれる、社会のダイナミクスさ。

世界一の経済規模と、その経済成長力。

世界中から優秀な頭脳が集まる教育機関。

宇宙に人類を送り込む、科学技術。

人間の身体の限界に挑戦し続け、観る者に感動を与えるスポーツ。

新しい価値観を次々に作り上げていくアート。

世界中の若者たちを惹きつけてやまない、音楽やエンターテイメント。

世界の隅々にまで行きわたる、魅力あふれるグローバルブランド。

アメリカの輝かしい点を挙げれば、きりがない。

しかし、それと同時に、アメリカのダークサイドも、見過ごせません。

根強く残る、人種差別。

肌の色が違うだけで、一般市民が警官に暴力を振るわれる様子など、涙なしに見られるものではありません。

経済力格差の拡大によって、収まる気配のない、高い犯罪率。

どこの都市にも、インナーシティやゲトーと呼ばれる貧困地域があり、そこには想像を絶する風景が広がっています。

若年層を中心にまん延する、違法ドラッグ。

パーティーやバーを通じて簡単に入手できるドラッグに、身を滅ぼす若者たちが後を絶ちません。

争いを助長してやまない、宗教対立。

信じるものが違うだけで、お互いを憎しみ合うその姿は、まさに異常。

倫理観はお構いなしに、権力闘争に明け暮れる政治家も、自らの利益拡大だけを追い求める企業経営者も、目につくケースが後を絶ちません。

希望を捨てない一般市民たちのエネルギー

それでも、一般市民たちに目をやると、まばゆいばかりの夢や希望にあふれています。

テロが起きた翌日でも、早朝にパワーウォークをする老婦人。

差別に負けずに、デモに参加して声をあげつづけるマイノリティ。

忙しい仕事の合間をぬって、次世代を担う子供達にサッカーや野球のコーチをする大人たち。

貧困層を草の根でささえる、多くのボランティア。

成功して手に入れた財産を、惜しげもなく次世代への貢献として投資をするビジネスパーソン。

そして、平和を祈って、路上で歌を歌う若者も。

明日はきっと、今日より良くなる。

そう、信じているのです。

海外から見たアメリカは、夢と希望の土地

なぜ、アメリカがこれほどまでに、多くの人々を世界中から惹きつけるのか?

アメリカ最大の都市、ニューヨークに行くと、文字どおり、世界中の人種を見ることができます。

中には、英語を話すこともままならない人も、数多くいます。

思い返せば、自分がまだ渡米前であった頃。

一体、アメリカの何を知っていたというのか?

表面的なことしか、見聞きしていない。

それにもかかわらず、

「アメリカに行ったら、何かがあるのではないだろうか?」

「アメリカに行ったら、自分の努力を正当に評価してもらえるのではなかろうか?」

「アメリカに行ったら、これまでは知らなかった新しい何かに、出会えるのではないだろうか?」

そのように、期待を感じていました。

これはきっと、ぼくだけではないはず。

世界中の多くの人たちが、「アメリカに行ったら・・・。」と、アメリカに「夢」や「希望」というものの、肩代わりをさせているように思うのです。

たとえ、人生を全うするまでに、アメリカの土地に踏み入れることが一回も無かったとしても、それでも、アメリカという「夢」や「希望」が存在していること自体が、自分の人生に灯をともしてくれるように感じるのです。

現実は複雑だし、現実は悲しい。

それでも、夢を見てみたいし、希望ももってみたい

それを許してくれるのが、アメリカという存在だと思うようになりました。

ぼくが大好きなアメリカ、そして、

アメリカに行ったって、何か特別なことがあるわけではない。

アメリカに住んだからって、偉いわけでもなんでもない。

良いこともあれば、悪いこともある。

楽しいこともあれば、苦しいこともある。

なんのことはない。

胸が焦がれるほどに憧れたアメリカには、行ってみると、何もなかったのです。

あったのは、自分自身だけでした。

だけれども、

夢を見ること。希望をもつこと。

それらが、生きている場所に関係なく、万人に許されているということ。

そんなことを、アメリカ生活から、学ぶことができました。

これからも、夢と希望を胸の中に抱えながら、世界のどこかを生きていきたいと思うのです。