海外

仕事のスピードを楽に上げるためのヒント【空港で見つけたこと】

日本に帰国すると、うれしく感じることがたくさんあります。食べ物のクオリティもそう、清潔さもそう。

でも、ぼくがいつも日本に着いて最初にうれしくなることは、空港を出る前に起こります。

それは、バッゲージクレームと呼ばれる、預け荷物の受け取り場所においてです。(コンベヤでグルグル回って出てくるところのこと)

 

本記事のポイント

余裕を作る」こと

 

仕事のスピードを楽に上げるためのヒント【空港で見つけたこと】

日本の空港のバッゲージクレームは余裕があり、スピードが早い。

冒頭の写真を見て、気づきましたか?

日本の空港では、みんな、バッゲージクレームの前に、しっかりと間をおいて、立ち並びます。

これによって、自分の荷物が来ているかどうかが、よく見えます。

そして、自分の荷物を取り上げる際、スペースがありますので、周りの人に当ててしまうこともありません。

つまり、余裕・スペースがあることによって、非常にスムーズに事が運び、スピードが上がるのです。

海外の空港のバッゲージクレームは大混雑

しかし、これまでアメリカもアジアもヨーロッパも、多くの国の空港に行きましたが、このような余裕をとる文化があるのは、日本だけです。

海外の空港ではどのような状況かというと、まず、みんなが我先にと、最前列に陣取ります。

これによって、何が起きるか?

自分の荷物が出てきているのかどうか、見えません!

ですから、自分の荷物を取り上げるとき、周りの人たちに、「ちょっとどいてください!」と声をかけないといけません。

その上、ぶつかったり、ぶつけられたりします。

そのようにバタバタしながら、一苦労をするわけです。

当然ながら、スピードが著しく下がります。

「もしかしたら、最初に自分が目の前にスペースをとって立っていれば、後から来た他の人も同じようにするのではないか?」と、淡い期待を抱いて試してみたことがあります。

その結果はどう出会ったかというと、残念なものでした。

ぼくのすぐ目の前に、次々と他の人が立ち並んで行き、目の前は他人の背中と肩しか見えなくなりました。。

スピードを上げるポイントは「余裕を作る」こと

ぼくは、日本の空港の、預け荷物の受け取り場所における文化が好きです。

マナーという面だけでなく、とても効率が良く、スピードが上がるからです。

そしてこれは、仕事など、他の領域にも活用できます。

いわゆる仕事が出来る人は、スケジュールにも表情にも、余裕があります。

無理にカレンダーを埋めてしまうようなことはしません。それによって、緊急事態に対応できるだけでなく、普段から、緊急ではないけれども重要なことに取り組めているのです。

そもそも、スケジュールがパンパンに埋まっている人で、「デキる」人には出会ったことがありません。

「デキる」から余裕が生まれるというよりも、意図的に余裕をもつことで「デキる」ようになれる。

スピードを上げるヒントは、「余裕を作る」ことにもありそうです。