キャリア

過重・長時間労働は広告業界だけではない。【異変を感じたら逃げて】

電通の新入社員の方(2015年末当時24)が、長時間の過重労働を原因として自殺をしたというニュースが流れています。

ご本人のツイッターへの投稿内容にも、

「何日も寝ていない。」

「会社に泊まりこみ。」

「土日も出勤。」

「いくらやっても、上司からはダメ出し。」

「女子力無いと言われた。」

「仕事を手伝ってもらうと、見返り(性的?)を要求される。」

など、読んでいるだけで胸が苦しくなるものばかり。

ただただ、辛かったと思います。ご冥福をお祈りします。

過重・長時間労働は広告業界だけではない。【異変を感じたら逃げて】

本件に関して労働基準監督署が認定した、1ヶ月の時間外労働は105時間らしいですが、実際はもっと多かったはずです。

簡単な計算をすれば、すぐに分かります。

月曜日から金曜日までの平日で、夕方6時から夜中の12時まで残業しただけで、120時間 (6時間/日x20/)

12時に帰れれば早い方だっただろうし、土日も毎週出勤していただろうから、ゆうに残業200時間/月は越えているはず。

「食事休憩の時間は差し引いて計算すると、云々」だなんて悠長なことを言っている場合ではありません。

こういうところで働いている方は、すぐにでも脱出プランを考えましょう。

頭が働かなくなる前に。

長時間労働はどこの業界・会社でも起きている

今回こうして、電通、そして広告業界の企業文化にスポットライトが当たっていますが、同じような長時間の過重労働は、他の業界でもよく見受けられることです。

これを読んでくださっているあなたにも、心当たりがあるのではないでしょうか。

なぜそう断言できるかというと、ぼくにも長時間労働に苦しんだ経験があるからです。

長時間労働の日々

8時に出社をし、オフィスを出るのは午前様。

毎日、なんとか朝に起きて出社し続けることが、自分にとっての「生きる」ということでした。

週末も出社しますし、たとえオフィスにいなかったとしても、頭の中はたまった仕事のことでいっぱいで、四六時中、いやな気持ちを心の中にかかえていました。

そのような状況になると、思考能力・判断能力が低下して、自分でもわけがわからなくなってきます。

なんとか立ち続けるために、

「自分に負けてはいけない。」

「逃げてはいけない。」

「みんなもがんばっているから。」

と、自分に言い聞かせるしかありません。

なんのために働いているのかなんて、分かりません。

考えようとしても、頭が働きません。

頭が働かないので、仕事もいっこうに片付きません。

仕事が片付かないと、家にも帰れません。

ただただ、いやでいやでしかたない。

いったい、あと何年がまんをすれば、良くなるのか? 

ストレスが積み重なり、顔面が痙攣して止まらなくなりました。

症状がひどくなり、それを見られたくないものだから、上司や同僚の顔をまともに見られなくなったときもありました。

先輩の優しさを素直に受け入れられないくらいに疲弊

そんな自分にたいして、「無理するな。」と温かい言葉をかけてくれる先輩がいました。

ぼくの顔色を見れば、精神的に疲れていることなど一目瞭然だったのでしょう。

でも問題は、ぼくがその言葉を素直に受け入れられないことでした。

「仕事を途中で投げ出してはいけない。」

「あと少し、あと少しやれば、自分のスキルが上がり、仕事を早くこなせるようになるはず。」

「上司や先輩たちも、みんな同じような道を通ってきているから、きっとそれが正しいやり方。」

「もう少しだけ、やってみます。」と。

しかし問題は、がまんを続けているうちに、少しずつ、少しずつ、心がむしばまれ、疲弊していくことです

「逃げてもいいんだよ。」だなんて言われても、本人には、どこのタイミングで声を上げればよいのかが分かりません。

逃げるべきポイントも分かりません。

がまんを続けて、気がついたときには、もう遅いのです。

責任感から、「もう少しだけ、もう少しだけ。」と言っているうちに、自分でも気づいていなかった一線を越えてしまうのです。

判断力が著しく低下

「逃げてもいい。」ということは、まだ心が大丈夫なうちには理解ができます。

でも疲れてくると、どこまで来ると逃げるポイントなのかが分からなくなります。

心身が疲れてくると、判断能力が著しく低下するからです。

実際、ぼくが当時一緒に働いていた人たちの多くも、大なり小なり、心に問題を抱えています。

病んでしまった人もいますし、ぼくのように運よく抜け出した人もいますし、「このまま、がまんし続けていれば、いつか良くなるはず。」と信じて、いまだにがまんし続けている人もいます。その中には、あきらめた人たちもいます。

今回の不幸は電通で起こりましたが、この方を業務指導していた上司だって、そのまた上司だって、毎日、がまんをしながら、何かに怯えてビクビクしながら、毎日の仕事に向かっていたのではないかと、ぼくは想像します。

自分の部下にこんな思いをさせてしまう上司の心こそが、病んでいると思うのです。

自分の限界に挑戦することは悪いことではない。ただしそれは自分で決めること。

仕事のみならず、悩み苦しみ、迷う経験というものは、かけがえのないものです。

そういう時間の中でこそ、自分の成長を得られることが往々にしてあります。

修羅場経験が自分を成長させてくれるとも言いますが、それは本当だと思います。

よって、辛い経験それ自体を否定することもできません。

しかし、ぼくたちが心にとどめておかなければいけないことは、「行き過ぎ・やり過ぎは危険」だということ。

しかも、その限度は、人によってさまざまであり、自分の尺度が他人にも当てはまるわけではないことも、忘れてはいけません。

「自分はこうだったから、お前もやれ。」は、絶対に、ダメ。

自分の限界に挑戦するのは、自分の意志で行うべきもの。

他人からの押しつけは不要であり、なにより、不適切です。

そして、疲れてしまった本人は、何も悪くありません。絶対に、責められるべきではない。

この方のお母さまも訴えているとおり、命よりも大切な仕事などありません。