キャリア

トーマス・エジソンの名言と生い立ち【ワクワクに没頭した人生】

電球を発明した人をご存知ですか?

そう、かの発明王、トーマス・エジソンです。

トーマス・エジソンの名言と生い立ち

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまくいかない方法を見つけただけだ。」

「I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.」

こちらも有名なエジソンの名言です。

エジソンは、蓄音機の発明や長時間耐久の電球の開発のみならず、生涯にわたって非常に数多くの技術の発明・開発に成功した人でした。

現代の経済活動の基礎を築いた人といっても、過言ではありません。

発電・送電、電気器具、音楽や映画などのエンターテイメント、そして電車にいたっても、エジソンの手によって研究・開発がなされていました。

アメリカを代表するグローバル企業、GEの創設者でもあります。

エジソンの生い立ちと「ワクワク」に没頭した人生

アメリカのニュージャージー州というところに、エジソン・ミュージアムがあります。

小さな構えですが、彼の人物像や生い立ちを学ぶことができます。

彼は学校が合わなかったようで、7歳にして、小学校をドロップアウト。

その後は、家で、大好きな数学や科学・化学の本を読みふけりつつ、自作の器具を用いて実験を繰り返していたそうです。

たまに、実験に失敗して薬品が爆発し、家の一部を燃やしてしまったこともあったとか。

世界中にその名が知れ渡り、数々の表彰を受け、大成功者と言われた人生。

それでも、本人にとって興味があることは、技術の発明と開発。

亡くなるまでずっと、実験と研究を繰り返していたそうです。

大好きでワクワクすることに没頭し続けた人、エジソン。

本人にとっては、1万回でも、10万回でも、回数が大事なのではなく、それに携わっていられること自体が幸せだったんでしょうね。

自分は今、大好きでワクワクすることに、没頭しているかな?

 

エジソンミュージアム

入り口のサイン

 

ミュージアムは小ぶりな構え
当時の施設
ミュージアム入ってすぐ
細い廊下を抜けると、
奥の部屋があります
初期の蓄音機

 

一緒に蓄音機の開発に携わっていた人

 

電球のフィラメントを開発していた時、ありとあらゆる素材を試していて、この人のヒゲも試したことがあるとかないとか。

有名な話、最終的にエジソンは京都の竹にたどりつき、長時間耐久フィラメントの開発に成功します。

 

大きなコウモリ傘のような蓄音機
外には電球のモニュメント
記念タワーもあります

 

タワーの中には、当時の電球が灯っています

 

当時の音源カセット
トーマス・エジソン

エジソン・ミュージアムHP:http://www.menloparkmuseum.org/

エジソン・ミュージアム住所:37 Christie Street, Edison, NJ 08820

5ドルのドネーションで入場でき、ガイドツアーもしてもらいました。