キャリア

【3年で仕事を変える】何年働いたら転職しても良いのか?3年が目安。

こんにちは、てつです。

しばらく同じ仕事を続けていると、その仕事について大体のことは学び尽くして、それ以降は細かなことをつきつめる職人のような日々になってきます。

そろそろ仕事を変えるかな?と考えているあなた、転職しましょう

仕事を変える目安は3年

同じ仕事を続けていても学べることはまだまだあるぞ!」とはよく言われることです。実際に、それは正しいと思います。

しかし、多くの人が言いますし、ぼく自身の経験でもありますが、3年も同じ仕事を続けていると、成長スピードがゆるやかになってきます

異動のチャンスがあれば新しい仕事にチャレンジできて良いですが、そうでなければ自分で動くしかありません。

会社の上司や人事部に異動を願い出ても良いですし、その希望が通らないようであれば、外に目を向けて転職活動をはじめても良いでしょう。

仕事を変える目安は3年だと思います。

3年以上同じ仕事を続けても学びのスピードは鈍化する

仕事を学ぶスピードや習熟度をグラフにしました。

同じ仕事についている年数が長くなればなるほど、学びや習熟度がゆるやかになってくる点がポイントです。

新しい仕事についた最初の1年目はすべてが新しく、覚えることばかり。大変な毎日を過ごすわけですが、その分学びのスピードも早くなります

2年目に入ると多少は慣れてきて、部分的に1年目と同じ仕事が繰り返されることに気がつくでしょう。それでもまだ自分で大きな成果を出せるほどにはなっておらず、さらなる学びが必要です。

3年目になっても新しい課題や問題は次から次へとやってはくるものの、それに必要となるスキルや技術はすでに1年目から2年目に身につけたものであり、それらを活用して解決していくことになります。ひと通りの学びが済んで、成果を出せるのも3年目です。

すると、4年目以降も新たな課題はやってくるだろうけれど、対処の仕方は似たり寄ったりになることが想像できるようになります

3年以上同じ仕事を続けても、学びのスピードが鈍化するのはこういうことです。

逆に、3年は仕事に没頭した方が良い

それでは逆に、最短で何年は同じ仕事で働いた方が良いか?ということを考えると、それも3年だとぼくは考えています。

昔から、石の上にも3年と言いますが、それは今でも通じる考え方だと思います。

もちろん、置かれた状況はさまざまでしょうから、「自分は3年分の仕事を2年で覚えた!」とか「ブラックな職場だから一刻も早く辞めたい」などという場合は、さっさと辞めて新天地を目指した方が良いです。

ただそういった特殊なケースでなければ、3年間は仕事に没頭し、そこで学べるものを学びきることを勧めます

普通の人にとって、ひとつの仕事を一生懸命にやっていると、2年ほどでひと通りの仕事を経験することができます。

3年目に入る頃にはだいたい将来に起こることが読めるようになってきますし、3年目が終わるまでに何か成果を残すことも求められます

そこまでできてようやく次を目指すタイミングといえます。

そのまま長く続けて極めるのも素晴らしいことですが、ぼくみたいな飽き性の人は次を目指したら良いでしょう。

まとめ:3年で仕事を変える

新しい仕事についた時、最初の1〜2年で仕事を覚え、3年目までには成果を残すことが求められます

それと合わせて、学びや習熟度のスピードもゆるやかになってきますので、3年を終えるタイミングが、次のステップを目指すポイントとなります。

異動でも転職でもどちらでも良いですが、能動的に選択するようにしましょう

Good luck!