海外

【メキシコ旅行】古代遺跡・テオティワカン・マヤ文明とアステカ文明

メキシコ、そして南北アメリカ大陸に、最初に移り住んだのは、その昔、約3万5千年以上前に、アジア大陸からベーリング海峡を渡ってきた、

モンゴロイド系の人たちだと言います。ぼくたち日本人と祖先が近いわけです。

 

メキシコに人間が定住し始めたのは、約2万年前。

南米大陸の最南端のパタゴニアに人間がたどり着いたのは、約9千年前。

と、言われています。

メキシコに人間が定住してから、文明が発達していくのですが、

その代表的なものが、マヤ文明とアステカ文明。

このマヤ文明とアステカ文明、どちらも「謎の古代文明」として取り上げられ、

混同されることが多いのですが、実はそれぞれ、まったく違うものであることを、

学びました。

 

マヤ文明は、メキシコ東部のユカタン半島を中心にした、「マヤ地域」に繁栄したもの。

人間がその地域に住み始めてから、多様な民族を形成しながら、今でも続いているという見方をするようです。

それに対して、アステカ文明は、現在の首都メキシコシティーを中心とした、「メキシコ高原地域」に繁栄したもの。

その期間は、15世紀からスペイン人によって滅ぼされた1521年まで。

メキシコ高原地域にも、長らく人間が住んでおり、アステカ文明 (時代) は、その一部にすぎないようです。

メキシコ高原地域の流れをざっくりみると、

  • 紀元前1200年〜紀元前後:オルメカ時代
  • 紀元前後〜6世紀:テオティワカン時代
  • 6世紀〜12世紀:トルテカ時代
  • 12世紀〜14世紀:チチメカ時代
  • 14世紀〜1521年:アステカ時代
  • 1521年〜:スペインによる植民地化

このようになります。

よって、メキシコでは、マヤ地域と、メキシコ高原地域の両地域を中心に、

人類の文明が栄えてきた、という見方をします。

歴史があいまいなのは、16世紀に入植したスペイン人によって、歴史書がすべて焼き払われてしまったから。植民地化の歴史については、また書きます。

・・

今回、メキシコシティーの中心地から遠くない、テオティワカン遺跡に行ってきました。

テオティワカン時代なので、紀元前後〜6世紀の間につくられたものです。

とっても古く、世界遺産に登録されています。

日本の歴史だと、卑弥呼・邪馬台国が、そのあたりですね。

まず、Autobuses del Norteという、長距離バスが発着する、大きなターミナルに向かいます。

 

 

 

 

ここから、バスに1時間ほどゆられていると、到着します。

そこは、だだっ広く、

ピラミッドは、どでかいです。

 

これは、守り神である、ケツァルコアトルを模したもの。

ケツァルコアトルとは、鳥であるケツァルと、ヘビであるコルトルが合体して、

羽毛の生えたヘビの姿をしています。

雨を呼び、豊穣を祈念するための神様として、あがめられていたとのこと。

昔の人も、ここを歩いていたんですね。

「ああ、腹へったな〜」なんて、

考えながら、歩いていたのでしょう。

石と石の間に、つなぎとして白い何かがつかわれています。

しかも、そこに小石を混ぜて、強度を出しているようです。

やりますね。

 

こちらが、太陽のピラミッド。

大きくて、大きくて、急な階段を上るのが、すごく大変です。

それでも、頂上まで上ると、眺望が抜群!

昔の王様は、ここから街を見下ろして、何を思ったのでしょう。

 

頂上には、犬が昼寝をしていました。

王の化身に違いないので、そっとしておきました。

 

雲が消えて、晴れ間がのぞくと、やはりピラミッドが雄大に見えます。

 

太陽のピラミッドから、つきあたりの月のピラミッドまで、

「死者の大通り」がつづきます。

 

 

こちらが、月のピラミッド。

太陽のピラミッドに比べると小ぶりですが、こちらも立派です。

・・

アステカ時代になると、今のメキシコシティの地域には、

テノチティトランと呼ばれる、首都機能がありました。

別名、「メシコ」と呼ばれていたようで、そこから、今の国名がとられています。

神話の言い伝えによると、

ヘビをくわえた鷲が、サボテンにとまったところを、都をすべきとあり、

その地として、このメキシコシティ域が選ばれたようです。

その流れをくみ、メキシコの国旗には、今でもその絵が描かれています。

 

(参考文献)

  • 「マヤ 文明 ─ ─ 密林 に 栄え た 石器 文化」著:青山 和夫
  •  「物語 メキシコ の 歴史」著:大垣貴志郎

(関連記事)

  • メキシコ記録:タコス・現地の食べもの
  • メキシコ記録:メキシコプロレス・日本カルチャー・ガイコツ