海外

【メキシコ旅行】Taxco タスコ・プエブロマヒコ 魔法の村

メキシコに、Pueblos Magicos プエブロマヒコというものがあります。訳すと、「Magic Town」、「魔法の村」。

昔ながらの文化、古いおもむきが残っていて、まるで魔法がかかっているような場所。

それが、魔法の村と呼ばれるゆえんです。

メキシコ政府によって、現時点、80以上の村が、指定されているとのこと。(ウィキペディア参照)

日本の京都のように、街の景観を保つため、高いビルは立ててはいけないなど、保存努力もされているようです。

そのひとつ、Taxco タスコという町に行ってきました。

メキシコシティーから、長距離バスにゆられること、4時間弱。

「郊外の小さな村」と聞いていたので、ほこりっぽいのかなぁ、と想像していたら、大間違い。

そこはまさに、平和でキレイで、かわいらしい、「魔法の村」でした。

 

 

 

 

 

 

 

山の中にとつぜんあらわれる、町。

町の中心地には、威厳のある聖堂がそびえます。

その昔は銀の産地として栄え、今でも、格安の銀細工・銀アクセサリーが売られています。

 

町中には、市場が広がり、

ちょうどお祭りだったようで、

ダーツ・ルーレットのお店もありましたが、

景品のはく製には、少し、驚きました。笑

この馬や動物たち、どこからどう見ても、本物です。。

 

帰りはまた、長距離バスにのって、メキシコシティに戻りました。

以下のリンクに、他の「魔法の村」の写真が紹介されています。

リンク:The Huffington Post 記事

なお、観光客は、メキシコ人ばかり。

外国人は、ほとんど見ませんでした。

現地の人が認めた観光地。チャンスがあれば、ぜひ。