暮らし

【新米パパの育児ブログ】0歳10ヶ月:いやがらないヘルメット発見!

こんにちは。少しずつ春らしい陽気になり、息子が10ヶ月をむかえました。

少し気がはやいですが、「あと2ヶ月で1年かぁ。」だなんて考える日が増えてきました。

街中ではいたるところに椿が咲いています。お茶の世界ではツボミのものをかざることが多いですが、満開の椿もきれいですよね。

春になるといたるところに色とりどりの花が咲くので、息子や奥さんとの散歩がこれまで以上に楽しくなってきました。

 

身体の成長と変化

身体がまた少しずつ成長していて、ついにつかまり立ちができるようになってきました

はじめてつかまり立ちをしたのは夜のこと。

いつもの通りぼくが息子とお風呂に入り、出る時には息子を奥さんにあずけます。

向こうの方でタオルで身体を拭いていた時、「来て来て!」と奥さんが呼ぶので、裸のままかけつけてみると、イスをつかんでつかまり立ちしながらニッコリしている息子がいました

「おおー、すごいね!」と声をかけてあげると、ますますニッコリして、足とお尻を上下にフリフリとゆらしながらこたえてくれます。

成長のひとつひとつがこんなにも新鮮でうれしく、家族みんなで分かちあえることを、本当にありがたいと感じます

そして、毎日のように成長していく様子からも目が離せない思いです。

「今のこの小さいのが、いつか大きくなってしまうことを考えると、すでに切ない!」だなんて、奥さんも言い出しました

1日1日を大切にしたいとあらためて感じます。

 

新しいヘルメットが大成功!

寝返りやハイハイをしはじめ、頭を床や壁にゴッチンゴッチンぶつけることが多くなりました

ぶつけるたびに、それを防いであげられなかったことに対して、奥さんと二人で罪悪感にさいなまれていました

そこでヘルメットを買ってつけてみたものの、息子はヘルメットが大嫌い。ムキーッ!とさけんではヘルメットが取れるまであばれまわります。

かわいそうだからとヘルメットをとってあげた矢先に、また頭をゴッチンとぶつけるので、ぼくたちもどうしたら良いかわからず困り果てていました

そこでものは試しだと、新しいヘルメットを買ってみました。するとこれが大正解、そこまで嫌がらずにだまってかぶったままでいます

何が違ったのかというと、最初のものはサイズが大きすぎて、おでこから目が隠れてしまっていました。

視界がさえぎられることが極端に不快だったのか、新しいものでは視界がさえぎられておらず、そこがポイントだったようです。

今でもしょっちゅう転ぶのですが、そのたびに新しいヘルメットに頭を守られており、だいぶ安心して過ごせるようになりました

 

親の生活スタイル

まだ独身だったころ、「子供が生まれると、子供中心の生活になって自分の時間はなくなるよ!」と、人生の先輩たちからは聞かされていました。

「それは困る。」と思い、あっという間に年齢を重ねたぼくでしたが、いざ実際に子供をもってみると、たしかに自分の時間は減るものの、イヤな思いはしません

むしろ、子供がかわいいので、子供との時間が自分の時間とも思えます

ぼくが20代や30代前半の時であれば、こんなに余裕はなく、仕事に専念できないことにイライラしていたかもしれません

しかしアラフォーとなった今、いろんな意味で経験が増えたせいか、家族や子供との時間の大切さが身に染みるようになりました

さて、とはいえ日々の現実に目をもどすと、子育ては大変です!いつも何かしらピーピーブーブー騒がしい子供を抱きかかえては、あれこれと世話をすることに追われています

とくに大変なのは、夜中です

寝ている時間に何度も何度も起きてはミルクを求めてきます。たまにゲロゲロ吐きます。

その夜時間担当は、ぼくの奥さん。ぼくはとなりの部屋でしっかり寝させてもらっているので、本当にいつも感謝しています。

子供を産んでからのこの10ヶ月、連続して3時間も寝たことのない奥さんのことを思うと、なんとも言葉になりません。

もちろん、平日の朝晩や休日はぼくも出来ることをすべてやっています。

今こうしてブログ記事を書いているのは土曜日朝ですが、すでに朝起きてすぐに息子を奥さんの横から抱き上げて別の部屋に連れて行きました。

本を読んだり歌を歌ったりして遊び、オムツをかえ、ミルクをあげ、ゆらゆら抱っこをして寝かしつけ、ようやく今PCの前!という流れです。

その間、少しでも奥さんに睡眠をとってほしいですし、世の中のママたちはすごいなと思うのです。

 

【まとめ】身体の成長をますます感じる10ヶ月目!

ハイハイが力強くなったり、つかまり立ちが出来るようになったりと、ますます身体の成長を感じることができた10ヶ月目でした。

よくころんで頭を打ちつけることが心配でしたが、ようやくフィットするヘルメットにも出会え、少しだけ心が軽くなりました

次の1ヶ月も楽しみです。

 

あ、息子が起きた!行かなきゃ。。。