キャリア

【あなたらしさが大切】リーダーシップが苦手と考える必要がない理由

“職場でリーダーシップを求められるのですが、自分には苦手だと考えています。私にはカリスマ性もないし、力強いリーダーシップもありません。どうしたらよいでしょうか?”

こういった質問に答えます。

結論からいうと、問題ありません。

あなたにも必ず、あなたにしかない個性や強みがありますから、それを見つめ直し、それらを発揮することから考えましょう。

 

本記事のポイント

・リーダーシップを苦手と考える必要がない理由

・あなた自身の強みや良さを見直す方法

・あなたらしいリーダーシップを発揮する方法

 

ぼくもリーダーシップというものについては悩んできました。

今でこそ外資系企業の経営者という立場についていますが、自分らしいリーダーシップの型を身につけるには苦労をしました。

その中で考え見つけたことを本記事で紹介します。

 

リーダーシップを苦手と考える必要がない理由

結論として、リーダーシップを苦手と考える必要はありません。

リーダーシップとは誰にでも身につけられるものであり、あなたにも必ず、あなたらしいリーダーシップを身につけることが可能です。

リーダーシップに決まった形はない

まず、リーダーシップとは決まった形が求められているわけではありません。

リーダーシップを語る時、よくカリスマ的なリーダーを思い浮かべられることが多くあります。

しかしながら、そういったカリスマ的な人であっても、そこに至るまでには苦労があったでしょうし、そのスタイルはその人の個性をもって形作られたものであるはずです。

さらに、リーダーシップとは少数の人にだけ求められるものではなく、職場で働く全員に、それぞれ違った形で発揮することを求められています。

ですからまずは、あなた自身の個性や強みを整理するところからはじめることが大切です。

ぼくもこれまで、リーダーシップに関するいろんな本を読み、人の話を聞き、自分でも考えてきましたが、結局のところ、自分らしさを発揮することこそがリーダーシップだと気づきました。

自分らしくあることが、あなたにとってリーダーシップを発揮する基盤となります。

リーダーシップとは旅である

リーダーシップとは、生まれながらに身についているものでもなければ、限られた人だけが身につけることができるものでもありません。

逆にリーダーシップとは、誰でも、いつからでも、身につけていくことができるものです。

最初は小さく、練習や実践を重ねることによって時間をかけて少しずつ、まるで雪だるまのように大きな力となっていきます。

よくこれを「リーダーシップの旅」と表現されることがあります。

最初は無力でスタートしたものの、強い思いをもち、修練と実践を続けていけば、いつの間にか仲間が増え、力強くリードしている自分自身に気がつくというもの。

最初の一歩目に不安を感じるものですが、リーダーシップの旅を歩むことは、あなたにもできることです。

あなた自身の強みやスキルを見直す方法

あなたらしいリーダーシップスタイルを形作っていく時、あなた自身の強みやスキルを整理することが大切です。

自分の過去の経歴と成果を書き出す

最初に、あなたの過去の業務経歴や成果について書き出しましょう。

営業でも経理でも人事でも、その職種は問題ではありません。

また、たとえ事務作業が多い仕事であっても、リーダーシップを語る時、仕事に優劣はありませんから、しっかりと書き出しましょう。

次にそれぞれの仕事で達成した代表的な成果を書き出してください。

書き出せたものを眺めると、あなたもしっかりと業務に取り組み、要所要所で重要な成果を出せていることが、あらためて分かるでしょう。

強みとスキルを整理する

仕事の成果や業績が書き出せたら、続いてそれらの成果を出した際にあなたがよりどころとした、あなた自身の強みとスキルを書き出してください。

今となっては当たり前過ぎてなんとも思っていないようなことでも、他の人たちから見たらまさしくあなたの強みやスキルです。

ですから、謙遜せず、できるだけ客観的に書くようにしてください。

また、それぞれのレベルについても問いません。

「もっと上の人がいるから。。」だなんて悩む必要もありませんから、素直に書き出しましょう。

 

あなたらしいリーダーシップを発揮する方法

自分自身の強みやスキルを再確認できたら、いよいよそれらを活用して、あなたらしいリーダーシップを発揮する段階です。

あなたの強みやスキルを軸にしてリーダーシップを発揮する

あなたの強みとスキルが整理できたら、それらを発揮できる仕事に積極的に取り組むようにしましょう。

たとえ自分の担当業務でなくても、そのスキルを必要とする仕事はあなたが得意としていることなので、チームメンバーをサポートしてあげるとよいでしょう。

すると、あなたのその姿を見た他の人たちは、「チーム全体のことを考えて、メンバーたちを積極的にサポートし、リーダーシップを発揮している」と考えるでしょう。

そうです、自分にできることをひとつずつやっていくこと、それこそがあなたらしいリーダーシップのファーストステップです。

また、いろんな仕事に取り組んでいると、新しい強みやスキルが少しずつ増えていきます。

それらをさらにチームのために活用していけば、あなたがチームに貢献できる幅がどんどんと広がり、リーダーとしての影響力もますます高まっていきます。

自分の強みやスキルを活用できる機会を探し続け、それらをもってチーム全体に貢献していけば、あなたは立派なリーダーです。

完璧主義にとらわれない

あなたの強みやスキルを軸にしてチームに貢献することから始めることを説明しましたが、完璧主義にとらわれないように気をつけてください。

たとえば、「私よりも、上には上がいるから、私の出番は必要ないのではないか。」とか、「私の強みやスキルは限られているから、幅広い強みやスキルをもっている他の人こそ、チーム全体のリーダーになるべきだ。」といった考えは必要ありません。

また、「もっとできるようになってから、リーダーシップを発揮するようにしよう。」と考えることも危険です。

リーダーシップとは、強みの大きさやスキルの高さで測られるものではなく、自分の強みやスキルを活かしてチームに貢献しようとする、行動そのもののことです。

ですから、今の自分にできることを最大限に活かして、すぐにでも一歩を踏み出しましょう。

【まとめ】リーダーシップが苦手だと感じた時、あなた自身の強みやスキルを見直して欲しい

本記事では、リーダーシップを苦手だと考える必要がない理由を説明させていただきました。

また、リーダーシップとは、あなたの強みやスキルを活かしてチームに貢献することであり、その行動そのものであることも確認しました。

ですから、決して自分のことを小さく考える必要はなく、自分にできることでチームに積極的に貢献していきましょう。

あなたは十分にリーダーのポテンシャルがあります。