英語

【食べ放題】「ビュッフェ (Buffet)」は英語で「バフェィ」と発音

その昔、アメリカに来て間もないころ、大都市からは遠くはなれ、トウモロコシ畑に囲まれたような場所で働いていました。

自然がとても豊かで気持ちの良いところだったのですが、問題は食事。

アメリカンな食事も好きなのですが、そればかりが毎日続くと、さすがにきついものがあります。

ましてや、まともな日本食レストランなんて、近所には一軒もありません。

「なんちゃってジャパニーズ・レストラン」はありました。

「オレンジマーマレード・チキン」や「ストロベリー・スシ」をメニューに見つけた時にはたまげましたが、その話はまたこんど。

【食べ放題】アメリカでは「ビュッフェ (Buffet)」ではなく「バフェィ」と発音

そんな中、よくお世話になっていたのが、チャイニーズ・バフェでした。

バフェは、Buffetと書きまして、日本のビュッフェバイキングのことです。

「All you can eat」とも呼ばれていまして、ようするに、食べ放題のことですね。

発音は「バフェィ」で、アクセントは、「フェ」につきます。

お得で使い勝手は良いが、、

価格は良心的で、だいたい、10ドル前後。日本円で1000円ちょっと。

アメリカ全国どこに行っても、必ず見つかります。

どのお店に入っても、不思議と必ず同じ品揃えで、同じ味です。

他のオプションといえば、マクドナルドやKFCといったファーストフード・チェーンしかないような場所だったので、来る日も来る日も、そのチャイニーズ・バフェに通っていました。

すると、ある時を境に、もうどうしても、二度と食べたくない!という境地に達しました。

考えただけで胸焼けがするのです。

久しぶりに再訪

時は流れ、久しぶりに、チャイニーズ・バフェに足を向けることに。

当時通っていたお店とは違うところなのに、変わらぬ品揃え、変わらぬ味。決してチェーンではないのに。不思議です。

気になっているのは、ぼくだけではないようです。

「Why Chinese buffet tastes the same?」なんてググると、「チャイニーズ・レストラン業界での競争が激しくて、お互いに”良い味”をコピーし合ってたら似てきたのでは?」とか「どこのお店も、あの同じ赤いソースを使っている」とか、いろいろと飛び交っていますが、答えは闇の中。

多くのアメリカ人がチャイニーズ・フード(中華料理)と聞くと、チャイニーズ・バフェを連想します。

財布に優しく、お腹がいっぱいになります。

店構えがアジア系で、看板に「Buffet」と出ていたら、間違いありません。

一度はお試しアレ。

 

食べ放題の料理がならびます

 

肉や野菜といったメインや、

 

揚げ物のオンパレード
こちらはお約束のスシ
デザートも充実
こんなにたくさん
アイスもあります

 

ぼくの1ラウンド目、懐かしい味

 

第2ラウンド
第3ラウンド

 

食べながら、もうしばらく来ないだろうなあ、と思ったので、しばしの別れを偲んで、第3ラウンド。

おなかがはち切れそう。

渡米当時のことを思い出しつつ、陰に陽に、自分をささえてくださったみなさんに、感謝の気持ちも湧き上がってきました。