海外

【体験談】海外在住だけど、日本に帰りたい人へ… 帰国もアリです。

“せっかく苦労して手に入れた海外生活。でも日本が恋しいなあ。。。”

 

「いつもお疲れさまです!」

今、海外で暮らしている日本人のみなさんに、まずはこの言葉を贈らせてください。

過去に海外生活に大きな夢や希望を抱いて、なんとか多くの障害を乗り越え、それを実現されたみなさん。

そしていざ現地で生活をはじめると、思ってもなかったようなトラブルに見舞われる日々。

それでも楽しいことはあるし、自分で決めたことだから愚痴も言えないし、なんとか前に進む生活。いつも孤独と隣り合わせ。

それでも踏ん張って生きているというような人がほとんどだと思います。

そんな中ふと、「日本に帰ろうかなぁ。」と考えることがあると思いますが、あなたは一人ではありません。

多くの人が、同じように考え、悩んでいます。

本記事では、ぼく自身の経験に加えて、みんなが悩んでいることを紹介することで、あなたの心を軽くし、少しでも決断の手助けになれればと思って、書きました。

最後は、深く悩まず、心の赴くままが良いと思います

 

長く海外暮らしをしていて、よくある悩み

日本にいたときは、あれほど、「海外に行きたい!」と願っていたのに。

それでもいざ海外暮らしをはじめると、いろいろな壁に突きあたることがあります。

その例を紹介します。

ビザは取れたけれど、永住権が取れない

学生ビザや就労ビザを獲得し、現地で学校に通ったり働いたりしている人がほとんどだと思います。

ほとんどの人は、どうせなら現地での永住権まで取ろうと奮闘するわけですが、なかなか簡単にはいきません。

ラッキーに取得できる方もいるでしょうが、ほとんどの人にとって、現地永住権をとることは難しいのです。

そこで考えてみてください。

そもそも、永住権をとることが、あなたの海外生活における目標だったのですか?

きっと、そうではないはずです。

何かもっと具体的に好きで追い求めていたことがあったのではないですか?

いつしか、現地で生活し続けていくこと自体が目標になってしまうことがありますが、そんなに肩肘張らなくても大丈夫。

本来やりたかったことを、母国で追い求めたって、良いじゃないですか。

永住権や市民権が取れたけれど、心はやっぱり日本人

現地の永住権や市民権がとれたところで、心はやっぱり日本人なんですよね。

というよりも、どれだけ自分自身を現地人化しようと努力したところで、現地人になりきれないんです。

育った環境や文化の違いとでもいうのでしょうか。

故郷や家族へ想いを馳せる時、どうしても自分の心は日本に向かうのです。

ぼくもアメリカにいた際、自分をアメリカ人化しようと努力を重ねました。

英語の練習含め、見るテレビ番組や食事の内容を現地の人の好むものに合わせるなど、いろんなことに挑戦しました。

でもダメでした。面白くないものは面白くないし、口に合わないものは合わないのです。

すると、友達も作りにくくなるように感じました。

でも、しょうがないんです。

友達なんて、無理して作るものじゃない。自然と信頼しあえる仲間ができたら、それが一番。多い少ないは関係ないと割り切りました。

これは日本に住んだって、同じことです。

周りに合わせる必要なんて無い。自分は自分。どこで暮らそうと、自分自身を大切にしてあげたらいい。

そう思いませんか?

大変な思いをして手に入れた海外生活、手放すのが惜しい

分かります、分かります。

実際、海外生活を手に入れることって、心理的なハードルを含め、ものすごく大変なんです。

初期のころ、それを乗り越えるためにどれだけの苦労をしたことか。

それを思うと、簡単に手放すのが惜しいんですよね。

でもそれって、人間がもつバイアスのひとつかもしれません。苦労して手に入れたものにこそ価値を感じる、というもの。

でもね、それってあまり大事ではないかもしれませんよ。だって、大事なものは過去ではなく、未来にあるはずだから。

未来を見据えたときに、今ある海外生活を続けることが必要になることがあるかもしれませんが、どれだけ過去の実績を振り返ろうと、それが未来のあなたの助けにはなってくれるわけではありません。

それよりも、これからやってくる未来をみすえてワクワクすること。そっちを大切にしたいですね。

勇ましいことを言って海外に来たのに、いまさら帰国するのは恥ずかしい

みんな口に出しては言いませんが、これもありますよね。

「自分は海外でバリバリ・キラキラやっています!」

と、アピールしてきた中で、まさかこんなに悩みの多い毎日を繰り返しているだなんて言えない。

中途半端に日本に帰国したら、ダサくて恥ずかしい。。

そんなこと、ないですから!!

そんなことで悩まないでください。

別に他人からどう思われようと、いいじゃないですか。

それに実際、「あれ、思ったより早く帰国したんだね。」だなんて悪意を伝えてくる人なんていませんよ。

だから、安心してください。

まだ当初の目的を達成できていないから帰国できない

もし海外在住者でこの記事を読んでもピンとこない人は、まだ海外生活が始まったばかりか、順調で悩みが無い人でしょう。

それは良いことですので、そのまま海外生活をエンジョイしてください。

しかし、本当に悩みながらこの記事を読んでくれている方は、すでに相当な努力をしているはずだと思います。

いろんな努力をしているのに、理想と現実との違いに頭を悩まされるのです。

そんな方に伝えたい。

「素晴らしい!あなたはもう、とことん、やるべきことをやった!」

疲れたら、帰りましょう。自分が安心できる場所へ。

心まで疲れ切ってしまっては、不健康です。

そんな思いまでしてやるべきことなんて、ひとつも無いはずです。

そんなことよりも、自分自身を褒めてあげましょう。これまでよくやった、と。

マッチョな考えをもつことは悪いことではありません。

でも、どれだけ努力をしようが、結果につながらないこともあるのです。そんなことよりも、挑戦した自分自身を褒めてあげましょう。

そろそろ、一息ついても良いのでは?

両親や家族が心配、自分の結婚や出産といった将来計画が心配、など

その温かい心を大事にしてあげてください。

学業や仕事の目標達成なんかよりも、よほど大事なことだと思います。

あなたの中で答えは出ています。その心に素直に従いましょう。

ぼくが帰国を悩んでいた時、いろんな要因があったのですが、そのひとつが両親のことでした。

まだ若くて元気なのですが、今のうちに一緒に過ごせる時間を少しでも増やすべきだと、自分の心が訴えていたのです。

直感というやつでしょうか。

日本に帰国してからは、以前に比べて一緒に過ごせる時間が増えました。

親子のつながりを昔より感じられることを、ありがたくかみ締めています。

 

アメリカ在住10年を経て、日本に帰国したケース

ぼく自身、胸が焦がれるほどに憧れたアメリカ生活を手に入れたものの、その後は何度もくじけそうになりながら、ギリギリの精神状態で暮らす毎日。

日本にいる友人たちから見たら、さぞかしバリバリ・キラキラやっているように見えたでしょうが、心の中はズタボロでした。

いろんな経験をさせてもらいながらも、あっという間に過ぎていった10年間。

その間、ずっと悩んでいたのです。

「これが自分が求めていた海外生活だったのか!?自分が夢に描いていた理想と、あまりにもかけ離れているぞ!!」と。

そして時間がたてばたつほど、悩みは増すばかり。いつしか心の中で頭をもたげてきました。

「そろそろ、日本に帰国しようかなぁ。。。」

ぼくの場合、悩みに悩んで苦しんだ挙句に、悩み疲れしてしまったようなところで決断をしました。

「よし、日本に帰国しよう。」と。

すると不思議と決断した瞬間から、それまで目の前に曇り空が広がっていたような気持ちだったのですが、すーっと、空気が澄んだような、モヤモヤが一気に取り払われたような、なんとも言いようのない、すがすがしく、かるい気持ちになりました。

その後はアメリカ生活10年間で手に入れたもののいっさいがっさいを寄付したり捨てたりし、家族へのお土産をつめた、大小のキャリーケース2つだけで日本に帰ってきました。

自分でも想像していなかったくらいにサッパリした気持ちで帰国できたことを、とても嬉しく感じたことを今でも覚えています。

そしてそれから何年か経った今でも、日本に帰国したことに、一切の悔いはありませんし、それを少しも感じたことがありません。

帰国前はあれほど悩んでいたのに、不思議なものです。

日本に帰国してからよく、

「そろそろ、アメリカに戻りたいと感じてきた?」や、

「日本は狭苦しくてゴチャゴチャしているから、海外生活が恋しいでしょ?」

などと聞かれるのですが、自分の答えは、

「そんなことは一切感じていません。」です。

 

ずいぶんと長い間、ウジウジと悩んでいましたが、日本に帰っくる決断をしてよかった。

 

心に従う。

最後は、心に従いましょう。

せっかく苦労して手に入れた海外生活を手放すことが惜しい気持ち、よく分かります。

でも、それだけ悩んでいるということは、心が何かメッセージを出しているということ。

思う存分に悩んだら、肩の力を抜きましょう。

自分の心を見つめ、それに従うことが、一番自然だと思います。

大丈夫。

日本に帰国しても、良いことがたくさん起きますから。

 

 

 

駐在中に日本に帰りたくなったら、まずは日本の番組を見たり日本食を食べたりしてリラックスしましょう。

ぼくが駐在中に日本に帰りたくなった時にやっていたことは、こちら。

[clink url=”https://onboard-career.com/expat-five-things/”]