海外

【キューバ旅行】バラデロビーチでバケーション・オールインクルーシブ

正直、ぜんぜん、あこがれなかったんですよ。「ビーチでバケーション」なんて。なんで、好きこのんで、ビーチでぼーっとしなければならないのか? ぼくにはその理由が見当たらず、経験したことなんてありませんでした。なにより、1時間で飽きそう。笑

でも、キューバには「バラデロ」という、最高に美しいビーチがあると聞いたんです。世界中から、その美しいビーチをもとめてやってくるという。しかも、ホテルはオールインクルーシブとのこと。

オールインクルーシブとは、そのホテルに泊まれば、レストランでの食事が取り放題、飲み物も飲み放題、イベントにも参加し放題。ようするに、財布を持ち歩かずに、好きなように過ごせるということ。それはちょっと興味ある。。

ということで、行ってきました、バラデロビーチのオールインクルーシブ。

バラデロの位置。Google Mapから。

 

 

 

 

 

ビーチがきれいすぎる!

テレビやネットで見るようなバケーションの光景が、目の前で広がっていました。キューバだからか、そんなに混んでいなくて、雰囲気も平和でゆったり。バケーションで有名なメキシコのカンクンよりも、ずっと良い感じ。まさか、自分がこんなところに来るとは。

楽しみにしていたオールインクルーシブの方は、まぁまぁ、でした。もちろん、好みの問題ですが、食べ物・飲み物のクオリティーが、そこそこなんですよね。作り手も、毎日毎日、同じものばかり作っていたら、飽きるのだと思います。高級ホテルに泊まっていれば、クオリティも上がっていたかもしれませんが、それでも、感動はしないだろうなぁ、と思います。日本でも、どんなにレベルの高い食べ放題・バフェのお店でも、アラカルトでその日その日に勝負かけているレストランの味にはかなわないじゃないですか。同じことです。

とはいえ、ビーチ脇、徒歩数十秒のところに建てられたバーに行けば、いつでも飲み物を頼めて、それを飲みながらビーチでゴロゴロできることは、すごいことだと思いました。このオールインクルーシブスタイル、これから日本でも、リゾート地を中心に増えてくるかもしれませんね。

 

ホテルには、プールもついています。

 

ホテルの玄関に、大きなキューバ国旗が掲げられることも。

個人的に一番良かったのは、ビーチで星空を眺められたこと。沖縄の離島なんかに行っても同じような経験ができるかもしれませんが、その星の多いこと。

そもそもキューバという国の、バラデロという郊外の街には街灯がほとんどありません。夜はまっくらなのです。

夜中のビーチに歩いて出て行くと、もう目の前に星空が広がっています。

空を見上げる必要すらありません。海の水平線上に、無数の星が輝いているのです。もう、目の前が、星、星、星。

流れ星だって、いくつも見ることができました。しかも、一瞬で消えていきません。大空を横切るように、長い長い線を引きながら、すーーーっと流れ続けていくのです。「あれ、今のは流れ星だったかな?そうだ、流れ星に違えない!見えた!」だなんて、無理に自分に言い聞かせる必要だってありません。笑

そんなバラデロビーチの行き方ですが、今回は、ハバナから長距離バスを使いました。

Viasulという会社です。(http://www.viazul.com/)

ネットで事前予約すると、確証メールが送られてくるので、それを印刷して持参します。印刷しておかないと、乗り場で受け付けてくれない場合がありますので、ご注意を。そこはキューバ、プリンターなんてものはほとんど見当たりませんので、お忘れなく。

乗車時間の30分ほど前からチェックインが始まります。乗り場にあるチェックインカウンターで、予約確証メールを提出してください。チケット代わりの紙を印刷して渡してくれます。バスに乗り込む時は、それをバスの運転手に手渡しすることになります。

 

バス乗り場は、こんな感じ。左の人だかりが、チェックインカウンター。ハバナ市内でタクシーをつかまえたら、「Viasulのバス乗り場まで」とお願いしましょう。ちなみに動物園の真横にあります。

ホテルは普通にネットで予約できます。相場ですが、安いところで一泊150ドルから。200ドル以上出せば、良いところに泊まれます。