海外

【キューバ旅行】こんなキューバ人には気をつけよう「売りたがりオジサン」

よく知られていることだけれども、キューバにはモノが少ない。それは、首都のハバナであっても例外ではない。それでも、ハバナの街を歩いていると、いくつかの商店はある。そして、街中に八百屋を見つけた。

 

 

キャベツと玉ねぎ、ナスと芋が売っている。

たしかに聞いていたとおり、モノが少ない。

店の中から、八百屋のオジサンが出てきて、英語で話しかけてきた。

オジサン「おはよう。何か探しているの?玉ねぎを買っていかない?」

自分「いや、見ているだけだよ。」

オジサン「そうか、見ているだけか。」

自分「うん。」

オジサン「どこから来たの?」

自分「日本だよ。」

その後、オジサンがだまりこみ、何かを思い出そうとしている表情に。

そして、思い出したかのように、一言を放った。

オジサン「サヨナラ。」

え、買わないなら、どこか行け、ってこと!? と、びっくりしたけれども、おそらく、偶然にも、「サヨナラ」が唯一、そのオジサンが知っている日本語だったようだ。これは、なんともシュール。

その後も、オジサンの言葉はつづく。

オジサン「すごく良いところに連れて行ってあげるよ。」

自分「いや、いいよ、遠慮しておく。」

オジサン「大丈夫、すぐ近くだから。ほら、向かいのバー。」

自分「・・・。」

 

 

 

そのバーには、朝から一人だけお客さんが入っていました。すると、奥の方に連れて行ってくれて、キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラの写真を見せながら、オジサンが語り始めます。オジサン「このバーに、チェ・ゲバラがよく通っていたんだ。」

自分「へー。。」

オジサン「あれこれ、あれこれ・・・。」

自分「・・・。」

オジサン「でね、チェ・ゲバラは毎朝、ここにきて、目覚めの一杯を飲んでいたんだよ。実は幸運にも、今でもこのバーでは同じドリンクを提供しているんだ。君も試すべきだよ!買って飲みなさい!」

自分「いや、いらないから・・・。」

オジサン、無言になる。

そして、また口を開いた。

オジサン「キューバのお土産を買わないかい?」

なんて、商魂たくましいんだ、「売りたがりオジサン」よ。

だんだんとしつこくなってきたので、ここらで「サヨナラ」だ。

こんなキューバ人には気をつけよう。

(関連記事)

  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「妊婦オバサン」
  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「売りたがりオジサン」
  • キューバ記録:こんなキューバ人には気をつけよう「ちょろまかしオネエサン」
  • キューバ記録:キューバへの行き方。メキシコ・カンクン空港から
  • キューバ記録:キューバでの宿泊先の探し方。民泊・カサに泊まろう
  • キューバ記録:ハバナで町歩き・日中の風景、夜の風景
  • キューバ記録:現地通貨事情・レストラン・バー・スナック
  • キューバ記録:車で見るキューバの外交関係
  • キューバ記録:バラデロビーチでバケーション・オールインクルーシブ
  • キューバ記録:ビニャーレス渓谷で乗馬とピニャコラーダ
  • キューバ記録:キューバの近現代史 かんたんまとめ