海外

【メキシコ旅行】タコス・現地の食べもの

先日、メキシコに行ってきました。あなたにとって、メキシコといえば、なんでしょうか!?

ぼくにとっては、、

タコス!

たくさん、食べました。

 

 

 

 

 

メキシコでは、露天レストランが流行っていて、みんな、おなかの空いたときに、いつでもふらっと立ち寄れるようになっています。オシャレな地域に行かないと、レストランらしいレストランも、ありません。

そして、その価格は、とっても庶民的。

露天レストランでの、タコス1つあたりの平均価格は、なんと、

7ペソ!

現時点のレートで、1ペソが約5.6円。

つまり、タコス一つは、約40円です!

1回の食事で、タコスを4つも食べればおなかいっぱいなので、160円で済みます。

タコス以外でも、現地の食べものを堪能しました。

 

これは、ポソレといって、豚をベースにしたスープ。

メキシコ人のソールフードらしく、町中のいたるところで見ました。

緑色のものは、アボガド。茶色いものは、豚の皮をパリパリに揚げて、スナックのようにしたものです。

こちらは、肉炒め・野菜炒め・チーズ・サルサの盛り合わせ。

何を食べても、トルティーヤがついてきます。

いわば、メキシコ人にとってのトルティーヤは、日本人にとっての白米ですね。

このトルティーヤ、トウモロコシからできているのですが、

なんでも、マヤ文明の言い伝えによると、

メキシコ人の起源は、トウモロコシを丸めて、人間の肉が出来上がったのだとか。

メキシコ人が、ずっと昔から、トウモロコシを食べてきた証ですね。

ちなみに、このトウモロコシ、メキシコを中心とした中米域が原産地と言われています。

15世紀にヨーロッパ人が中米域からヨーロッパ大陸へトウモロコシを持ち帰り、その後、ヨーロッパから日本へ持ち込まれたわけです。

つまり、日本で食べているトウモロコシのもとをたどると、メキシコにたどり着くわけです。

他にも、生野菜をミキサーにかけて作ってくれる、100%のフレッシュジュース。

こちらは、人参とりんごのミックス。

ちょっとオシャレ地域に行くと、

宗主国であったスペインの影響で、チュロスとホットチョコレートが楽しめたり、

 

 

アルゼンチンスタイルの牛肉ステーキも楽しめたりします。

ありがたいかな、日本やアメリカから行くと、その物価の安さから、いろんな食事を安価で楽しめます。