暮らし

【新米パパの育児ブログ】0歳9ヶ月:ハイハイがスタート!頭が心配

こんにちは、息子が9ヶ月をむかえました。

寒い冬を超え、雪の下で力強く育っていた梅の花も咲きはじめました。

子育てをしていると日々、ハラハラドキドキが止まりませんが、おかげさまで順調に育っています。

育児書を読んでいると、我が子はさまざまな面において発育が遅いようにも感じますが、まぁ、のんびりマイペースな性格なのかもしれません。

今月の成長記録はこんな感じです。

9ヶ月目でハイハイができるように

寝返りを打てるようになって少し経つものの、まだハイハイをしないなぁ、なんて見守っていましたが、少しずつ、ずりばいからできるようになってきました

そして気づけばあっという間にハイハイもできるようになりました

息子が大好きなおもちゃのひとつは、奥さんのお父さんが薬局で買ってきてくれた、バナナのおしゃぶり

いつも手にもっては、まだ歯も生えない口でカミカミしています。

そこでこのバナナを2メートルくらい離れたところにおいて様子をみると、真剣な眼差しで一直線にバナナに向かってハイハイ!

その姿はビーチフラッグの選手のようでした。

 

頭をぶつけることが心配で仕方ない

寝返りに加えてハイハイができるようになったことがうれしい反面、心配ごとも増えてきました

それは、よく頭をぶつけるということです。

動き回るたびに、自分の体のバランスがとれなくて、床や壁に頭をぶつけます。

少しでも目を離すと、ゴツッ!と音が聞こえるので、急いでその方に目をやるとひっくり返って頭をぶつけている息子がいます。

まだ「頭をぶつける→痛い→泣く」というループすら覚えていないせいか、両眼が中を泳いでボーッとしています。

「これはまずい!」と、肝を冷やすことが何度もありました

起きている間はできるだけヘルメットをつけるようにしているのですが、嫌がって外してしまい、その時に限って頭を打ちます。

頭をうつとかわいそうだし、嫌いなヘルメットをかぶせられて泣き叫ぶ我が子を見るのも胸が痛むし、もうどうしたら良いかわからなくなります

よく知り合いから「8〜9ヶ月になると、目が離せないでしょ?」なんて言われ、「いやあ、生まれた時からずっと目が離せないよ〜」なんて答えていました。

いやはや、たしかに動き回るようになると、これまでよりもいっそう目が離せなくなるということ、イヤというほどにわかってきました。。

 

新しいおもちゃはピアノ

佐藤ママおすすめの歌の本を買ってから、本の中にあるいろんな歌を歌ってあげるのですが、どうも自分の音程があやしいと思うことがよくありました。

歌詞を適当に歌ってはいけないという佐藤ママの教えもありましたので、じゃあ、音程もちゃんとしていないといけないなと考え、カワイの子供用ミニピアノを買いました

この子供用ミニピアノ、実はすごいんです。

鍵盤がアルミパイプでできているようで、半永久的に調整が必要ありません

そして耐久性もあるようで、子供がガシガシたたいても大丈夫!

我が子もさっそく興味がわいたようで、「べチャン!バチャン!」とたたいて楽しんでいる様子。

まだ音程なんてわからなくて良くて、「たたく→音が出る」というように、自分がとる行動によって反応が返ってくるということを、このミニピアノから学んでいるように見えます

たまに目を離した時でも、ミニピアノのある部屋から「ビッタン!バチョン!」と聞こえてくるので、そっとのぞくと息子がピアノをたたいて遊んでくれています。

新しいおもちゃとして活躍することを期待。

 

【まとめ】9ヶ月目にしてハイハイがスタート!

9ヶ月目にして、ハイハイがスタートしました。身体の発育がよろこばしい反面、頭を床や壁に打ちつける頻度が上がり、心配の種も合わせて大きくなっていることが悩みどころです

0歳の時は、好奇心を育てる時でもあると、何かで読みました。ミニピアノもふくめ、いろんなおもちゃを与えてたくさん遊んでもらおうと思います。